ばんのクリニック|名古屋市天白区の内科、消化器内科、小児科、アレルギー科潰瘍性大腸炎、胆石、B型肝炎・C型肝炎

大根交差点 東へ徒歩1分

banno clinic

〒468-0028 愛知県名古屋市天白区島田黒石710-1

大根交差点 東へ徒歩1分 TEL. 052-800-3066
ばんのクリック 内科・消化器内科・小児科

鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)

経鼻内視鏡について

細いカメラを鼻から挿入して食道、胃、十二指腸まで観察できます。

メリット

1.苦しくない
口から挿入する場合と比べて、咽頭反射が少ないので「オエッ」となることが少ないです。
2.検査中に話ができます
鼻からカメラを挿入しているため、会話が可能です。
3.検査後は日常の生活ができます
鼻の麻酔のみですので、検査後は食事をすることができます。
経鼻内視鏡
経鼻内視鏡

道、胃、十二指腸の病気

食道の病気として食道がんや胸焼け症状をきたす逆流性食道炎があるかわかります。
胃の病気として胃がん、胃潰瘍、ヘリコバクターピロリによる慢性胃炎がわかります。十二指腸にも潰瘍ができやすいので確認ができます。ピロリ菌が関与していることがありますので、除菌療法も行います。

検査装置

当院で採用するオリンパス社製の光源装置EVIS LUCELA ELITE、経鼻内視鏡もGIF-XP290Nを導入し、微細病変も早期発見に貢献されるNBI(狭帯域光観察)も可能です。

検査装置

検査前の注意事項

検査前日は夜21時までに食事をすませてください。
検査当日の朝食はとらないでください。朝6時以降は水分もとらないでください。