ばんのクリニック|名古屋市天白区の内科、消化器内科、小児科、アレルギー科潰瘍性大腸炎、胆石、B型肝炎・C型肝炎

大根交差点 東へ徒歩1分

banno clinic

〒468-0028 愛知県名古屋市天白区島田黒石710-1

大根交差点 東へ徒歩1分 TEL. 052-800-3066
ばんのクリック 内科・消化器内科・小児科

アレルギー

花粉症

花粉症とは、植物の花粉が原因となり、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす病気です。その中でも、スギ花粉症は、日本人の4人に1人が発症しているといわれています。このアレルゲンとなるスギ花粉は春先に飛び、患者さまにとっては、つらい症状で日常生活のさまざまな場面に影響を及ぼします。

スギ花粉症の治療の一つに、「舌下免疫療法」があります。治療の対象は、スギ花粉症と確定診断された12歳以上の患者さまです。1日1回、少量から服薬をはじめ、その後、決められた一定量を数年間にわたり継続して服薬します。舌の下から入ったスギ花粉のアレルゲンが、体内に反応し、アレルギー反応を抑制する免疫反応が起こることで症状が抑えられるという治療法です。花粉症でお困りの方はご相談ください。

鼻をかむ女性

アレルギー性鼻炎

原因となる物質にはハウスダスト、スギ・ヒノキ・イネなどの花粉などさまざまあります。血液でIgE抗体の測定にて原因物質をしらべます。治療としては原因となるものをさけることと、抗ヒスタミン剤などの内服で症状が緩和します。

じんましん

原因となるものとしてエビやカニなどの食物、抗生物質や解熱鎮痛剤などの薬剤、物理的刺激など非常におおくあります。赤みのある膨疹としてみられ、かゆみなども伴います。かいたりすることで、広がったり、かゆみが強くなったりします。

喘息

喘息は空気の通り道である気道が炎症により狭くなってしまうために、呼吸が苦しくなってしまう病気です。治療は気道に直接作用する吸入薬や内服薬でコントロールします。