ばんのクリニック|名古屋市天白区の内科、消化器内科、小児科、アレルギー科潰瘍性大腸炎、胆石、B型肝炎・C型肝炎

大根交差点 東へ徒歩1分

banno clinic

〒468-0028 愛知県名古屋市天白区島田黒石710-1

大根交差点 東へ徒歩1分 TEL. 052-800-3066
ばんのクリック 内科・消化器内科・小児科

大腸カメラ

大腸カメラについて

大腸カメラは下剤で大腸の中をきれいにしてから、肛門から盲腸、小腸の終点まで観察します。
当院では患者さまの苦痛をへらすために、希望があれば鎮静剤を使用して大腸カメラを行います。検査後はリカバリー室で休んでいただきます。

大腸の病気には大腸がんのほかに、ポリープなどがあります。大腸ポリープは小さなものであれば、日帰り(※1)で大腸ポリープ切除ができます。
切除した病変は病理検査で顕微鏡を使用して良性の病変か悪性のものかどうかを判定します。

  • ※1 大腸カメラの当日に大腸ポリープを認めた時に、大腸ポリープ切除を行います。その日で終わります。ただし、組織検査(生検、ポリープ切除の組織)がある時は、後日に受診して結果をお話しします。
大腸カメラ

EMRの手法

EMRの手法
EMRの手法
 
EMRの手法

1.生理食塩水を注入する

EMRの手法(2)

2.スネアを反転してかける

EMRの手法(3)

3.通電する

EMRの手法(4)

4.切除組織を回収する

EMRの手法(画像引用:オリンパス おなかの健康ドットコム より)